最近のAmazon。レビューポリシーが大きく変更になった件。

最近びっくりするほど忙しく、日々クタクタのオダマリです。

 

Amazon新規出品で久しぶりに手こずってます。

 

というのも、10月からAmazonのレビューポリシーが変更になったことはご存知でしょうか?

 

SEO対策としても中国輸入ではレビューがかなり重要であることは言うまでもありません。

 

だって、有名人が出す商品でもなく、大手メーカーの商品でもない個人の商品が売れるということに

疑問を感じませんか?

 

初心に戻った時、私がAmazonのコンサルを受ける前に質問した内容を思い出しました。

「有名でもない一個人の商品なんて売れるんですか?」って聞いたことを。

 

当時の講師は「売れます」と自信満々に宣言していたのと、私もノウハウを知り売れることを実感し、

【どこの誰かもわからないということはAmazonではそない関係ないやん!】と実感するまでさほど時間はかかりませんでした。

 

ところが、これはレビューありきのお話です。

 

まず有名メーカーでもない限りレビューがない商品なんてほぼ売れないですよね。

レビューをいかにつけてもらうか?がカギになっていたのですが、

そのレビューも今回の規約変更に伴いかなり厳しいものとなりました。

 

何か月か前にアフターフォローのメールも拒否設定ができるようになり、

レビュー記載のお願いっも一応禁止となりました。

 

どんどんやりにくくなっています。

 

でもこれは新規参入が難しくなる半面、全うに販売しているセラーにするとかなりいい話です。

それもすでにレビューをある程度蓄積している状態のセラーにおいて。

 

後追いがしにくくなるという点で嬉しい反面、不審な動きをすればAmazonがすぐに察知するということです。

 

ただ、Amazonは何で何億点もある商品の中から不審な動きを察知すると思いますか?

 

そのようなツールもあるでしょうが、正直それよりもライバルセラーの存在が大きな理由かと思います。

 

「こいつのシェアを取れたら儲かる」と思われてしまうとなんとしてでもつぶしてやろうと思うわけです。

 

そこからは通報の嵐。

 

ステマをやっているようなセラーはAmazonに目を付けられる。

そんなところかな?と思います。

 

ということは。

 

このようなセラーがいない市場に参入するか?

ODMで自分のオリジナル商品を販売するか?

相手をAmazonに絞るか?

物販を辞めるか(笑)

 

おおよそそこに収まるかと思います。

 

今後参入していく方はリサーチ仕方から見直すことをおススメします。

 

 



ラインアットのお友達登録いろいろな情報をお伝えします♪


友だち追加


励みになりますのでクリックをお願いします♪


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ