学校に馴染めなかった人が大人になって。

LED関西でスポンサー賞をいただいた

ウテナワークスさんへ今月3回目の訪問。

バブーシュを置いてもらえることになりました!

京都の会社ですが、お近くの方是非現物を見に行って下さい♪

写真の説明はありません。

 

で、昨日は対談だったんですが、

 

【学校へ行けなかった・馴染めなかった人が大人になってどうなったのか?】

 

というお話をさせていただきました。

 

そこに来ていた一人のお母さん。
発達障害の子どもを抱える方でした。

 

「普通にできない子どもに対して感情的に怒ってしまう」

良いですよ。

母も人間。

良いでしょ!感情的でも(^^)/

 

「たくさんの人と触れ合ってほしい」

「たくさんの経験をさせたいのに拒否される」

 

興味がないんで、やったとしても続かないと思います。

当の本人は小学生ぐらいでは特に困ってない場合もあるんですね。

母は色んな人との協調性を持って、

大人になっても困らないように・・・と願う。

一方、当の本人あまり気にしていない。(笑)

 

「放課後ディに本人は行きたいっていうけど、

私が楽している気になる・・・」

 

楽して何が悪い!(笑)

母はね、忙しいんですよ!

ただでさえ忙しいのに、発達障害をの子どもを抱えているなら尚の事!

良い制度はバンバン使いましょうよ!

それに本人が行きたいって行っているなら良いですよね!

 

 

高齢者の在宅介護、障害をもった人の介護を支える制度

「レスパイト入院」ってあるんですよ!

(障害児を抱える人の制度でもあります)

 

24時間介護・看護をする中で、

サポートする側が疲弊してしまうと、

当事者の生命にかかわるのです。

 

だからこそ、ショートステイやレスパイト入院で、

介護人の負担を減らそうと病院も動いています。

どこの病院でもやってくれるかは分からないですが、

私が働いていた病院でもやっているところがありました!

 

愛する我が子を守るためにも、

良い制度は積極的に使って息抜きしてほしい!!!

 

 

 

最近色々な相談を受ける中、私が物凄く感じるのは

不確定要素しかない未来に不安を抱えるお母さんが多いということ。

私が小さい時、個人が起業なんてする時代ではなかったはずです。

 

この10年、ネットの普及により個人が起業することも簡単な時代になりました。

 

そして向こう10年、どんな仕事が出来ているかなんて分からない。

 

AIが普及した時、どの仕事がなくなり、どんな新しい仕事が増えるのか?

全く分からない未来に物凄く不安を感じている。

 

でも、分からないんです。

 

確実に言えるのは
「誰でも出来る仕事はいらなくなる」という事。

AIが普及すれば自動化・無人化になり、

手に職がある人でも仕事がないかもしれない。

 

高学歴の人も同じ。

学歴がステータスの時代はほぼ終わりに近づいています。

 

そうなった時、何が求められるか?

人と違う視点や感性、経験。

発展途上国へ移住できちゃうメンタルなど。

 

とんでもない奴の出番になるはずです。

 

その時子どもが活躍するために。

子どもが真っ直ぐ育つためにも。

「お母さんが笑って」
「お母さんが楽しんで」
「お母さんが自分の人生を大切にして」

と本気で思います。

 

もしかしたらこの先10年で【普通】じゃない事の方が良い時代が来るかもしれない!

 

子どもはそんなに弱くない!
お母さんの愛情があればちゃんと育ちます😊

 

ということをどんどん広げていかないと!とまた今日強く思いました。

きっと、私が伝えていかないといけない内容もたくさんある!

私にしか伝えられない内容もある!

登壇すればするほど感じます。

写真の説明はありません。
写真の説明はありません。