いつまでもできると思わないで!!!

事務所の引き渡しや子供の行事、病院、仕事・・・

10月は一日たりともゆっくりする時間はありませんでした。。。

 

ふぅ~

 

本日次男の芋堀り遠足だったので

 

私「持って帰ってきてくれたお芋どうやって食べようかな~」

 

 

次男「おはしで」

 

うん。そうだね。そうなんだけど、調理法だね、まずね。

日本語って難しいね次男君。

 

はい。そんなことは良しとして本題へ。

本日は打ち合わせなどに回っていて、最後にママ友と話していたのですが、ママ友に「一体いくら稼いでいるの?」って聞かれました。

 

さすがにはっきりとした金額は言わなかったですが「〇〇ちゃんの思ってる5倍ぐらいは稼いでると思う」っていう話をしていて、「でもあんまり変わったように見えないよ?」っていわれました。

 

そこなんです。

 

この仕事って同じ手法でいつまで続くと思いますか?

5年前は単純転売・相乗りでもガンガン稼げたんですよ。それが今やOEM単純OEMでは稼げる市場はほとんどなくなってきました。

 

時代の流れとともに、ヤフオクからメルカリになり、Amazonの手法も日々変わっているんです。

 

でも商売の根本は変わっていません。

 

「良いものを人より安く仕入れて高く売る。その差額が利益。」

 

この根本は何百年前から変わってないし今後も変わらないと思います。

ただ、自社サイトではなくAmazonという母体を借りている以上、同業者の嫌がらせだったり、突飛由もない理由でAmazonからアカウント閉鎖をくらうことも十分に考えられます。

 

そんなリスクは常に背負っている商売だということを肝において欲しいと常々思っています。そうなった時に慌てないように私は利益のほとんどを賢い形でプールしていますし、ほとんど贅沢には使っていません。

 

私自身、150万以上の利益を出しているってことに関してはかなり多いと思っていますし、その感覚を忘れてはいけないと思っています。

 

旅行や外食が少し増えた程度で、私自身、家族の生活水準はさほど変わっていませんし。

半額シールのお肉よろこんで買います。(笑)

 

そういう感覚はやっぱり大事にしていきたいんです。そうでないと目先の利益優先になると、顧客の反応に顧客の立場になって考えることができないと思っているからです。

 

コンサル生やAmazonのエンドユーザー。ここの気持ちがわからないと良いものは絶対に提供できません。

 

庶民の感覚が分からずして良いものは提供できないんですよ。

 

良いものを提供できないのであれば辞めるべきとう私のモットーはこれからも変わらないですし、私のコンサル生には密にかかわっていきたいからこそコンサル生の数は制限させていただいています。

 

キャパを超えて良いものは提供できないので。

 

この感覚はコンサル生には忘れないでほしいと思っていて、良いものを提供してその対価をいただているということは絶対に忘れないでほしいと思っています。

 

しいてはそれが利益に繋がりますし、Amazonがダメになった時に収入が0になるのではなく、物販の基礎を叩きこむので、私のコンサルではAmazon以外での販路についてもお伝えしています。

 

よく、こんな煌びやかな生活が出来るようになりました~なんて胡散臭い広告みますが、私自身がそういうの興味ないので、どんな時においても堅実に生きていきたい私は、一般の主婦だった時の感覚を持ち続ける!と決めています。

 

私のコンサル生にはこのような感覚を持ち続けて、ビジネスに対して、顧客に対して、あらゆる面で誠実でいられる人であってほしいなと思っています。

今日はご飯を作る時間がなかったのでイオンのフードコートで済ませました。

家族5人で4000円ぐらい使ったのであー自分で作ったら1000円で済んだのに。。。と思いながらラーメンをすすっていたオダマリです。(笑)

娘を抱きながらフードコートでラーメンを食べる。

わちゃわちゃする子供を怒る。

帰りに半額のお肉を買って喜ぶ。

「ママ~お菓子買っていい?」と聞かれて「100円まで!おもちゃの付いたお菓子はダメ!」っていう。

自分でも150万の利益が出ているとは思えないな~って思ってますが、その感覚は大事だと思っています。

OEMよりODM!時間がかかって難しいと思うことって、他の誰かも難しいですからね!

最終的には真似できないモデルを作ったほうが長く利益化できますし、嫌がらせも少ないですよ!

 

それでは~



ラインアットのお友達登録いろいろな情報をお伝えします♪


友だち追加


励みになりますのでクリックをお願いします♪


にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネス起業・独立へ